www.pattyrossi.com
突発的に起こってしまうのが自動車事故です。その状況で何をどうやって判断する結果により保険料の受け取りも全く変わってくることも予測できますので的確な決断と対策が大事です。思いつきもしない出来事にあって冷静さを失ってしまったら重大な状況を見過ごしてしまいその先己が大きな損を受けることもありえるので乗用車の事故に遭遇してしまったケースは適切に次に述べる判断するようにするとよいでしょう。自動車の事故をした場面で第一にすべきなのは怪我をした人の確認です。車の事故後すぐは訳が分からずぼうぜん自失となってしまう状況がありすぐには動けないのが当然です。怪我をした人がいたとしたら危険ではない場所へ移動して応急手当を行って119番通報する等して要救助者の最優先に努めることが重要です。救急車を呼ぶ状況でははっきりと現場を連絡して、分からない場所では周囲の目に留まった建物や町名を伝えて事故現場の場所が分かるようにします。その後に警察へ連絡して、交通事故が起こった事、状況を伝えます。救急車とパトカーが来るのを待っている時間に事故の相手のことを確かめます。姓名、電話番号、免許ナンバープレートの番号、相手の保険の会社名と言った各々のことをやり取りします。この時事故の相手に違反があったような場合には、そこでやり取りしようとすることがよくありますがうやむやにするのではなく、どういった場合であっても110番や自動車の保険会社届け出て正しく判断してもらうようにしましょう。お互いの情報を教えあったら他者のさまたげにならないために障害物を道路の上からどかします。万が一障害になる物が誰かの障害になっている場合は、お互いの情報の交換をするより先にこの対応を完了させても構いません。ここであなたの保険屋さんに連絡を入れ、交通事故があった旨を告げます。交通事故から一定期間内のうちに車の保険会社に連絡しておかないと、自動車の保険の適用除外となる状況もあるので気がついたら時をおかずに電話をすることが重要です。出来たら現場の手がかりとしてデジタルカメラや携帯電話のカメラ等で事故の現場や乗用車の破損状態の写真を写しておきます。それは過失割合を決める時にとても大きな手がかりとなりますのであなたの乗用車や相手方の乗用車の破損箇所を全て証拠に残しておくことが大切です。その際に目撃した人がいたら警察や保険屋さんの人が来るまで事故の現場に待っていてもらうように話しておくことも忘れてはいけません。