今の情報流通社会においては信用

現金化する目的にて列車の乗車券等をたくさん決済してしまう●現金化を使用せずに、利用者自らが換金を目的にしてクレジットカード購入するのも同様です。ポリピュア

お金に変えるということを狙ったクレジットカードの決済であればクレカの契約内容違反と見做されてしまうためだからです。ニコノン

大量の電車の切符や切手販売等においてのクレカ決済をすると、現金化が目的か?というように睨まれてしまうことなどもあるため気をつけることが必須ですもし、使用時点でキャシング利用可能枠が限度になられている契約者場合、電車等の回数券を決済するだけであってもカード会社により連絡が来るということもあり得るから、経済状態が悪い時のカード使用はさせなくなってしまう模様です。http://jca-informatique.com

お金に問題がある時において頭をよぎる手段はみんな同じであるのでしょう。マルチビタミン

カードの発行会社に不都合な利用法をしてしまうこと>流行った『永久機関』というようなカード発行会社から見て利益になることのないようなルールに違反した取引を行った場合には、クレジットの会社の判断で強制没収という処理がされてしまう話というのもある。

ネット上で話題になったクレカポイントの不正な入手というような世の中に知れ渡っていない秘密のやり方などというものが存在していてもそのやり方は絶対にカードの規約違反になるのでまず使用しないようにして欲しいと思います。

強制失効に関する個人情報は信用機関へ流れる)カードを強制没収させられた場合でも他のクレジットに関しては利用できるんだから一社くらいは大丈夫だろう?とか思っいる人は、今の情報流通社会においては信用を失う危険もある。

なぜかと言うと、強制退会となってしまうという状態においては、クレジット発行会社が確認可能な信用機関へそれらのデータが記録されるので登録された人の社会的信用というものはなくなるケースもあるからです。

いずれかたった1枚であるとしてもカードを没収させられてしまえば以後クレカも契約しにくくなることもありますし、最悪の場合使っているクレジットカードさえも失効となる可能性もなくはないでしょう。

強制退会とならずに使い続けられるようでも期限満了の時に更新不可となると考えられます。

しつこいほど述べたように、強制失効という扱いになる利用の仕方は絶対なさることのないように規約を守ってご使用頂きたいと考えています。