www.pattyrossi.com
民事再生という選択はマンション等のローンを含めた重債務に苦しんでいる利用者に対して住居を維持しつつ金銭管理の面で再建するための法的な機関による謝金の整理の道としてはじまった解決方法です。この制度には、破産のように免責不許可事由がありませんので、賭け事などで債務ができたような場合でも民事再生は取れますし破産手続きをした場合は業務停止になってしまう立場で収入を得ている場合などでも制度の活用が可能です。破産の場合だと住宅を残しておくことはできませんし特定調停等では元金は返済していくことが求められますので、住宅のローンも支払いながら払っていくのは実際のところ難しくなるでしょう。しかし、民事再生という方法を選ぶことができれば住宅ローンのほかの負債は少なくない負債を減ずることが可能なため、十分に住宅のローンを続けながら他のローンを支払っていくようにできるということになります。しかし、民事再生による整理は任意整理による手続きまたは特定調停といった方法と異なってある部分だけの負債を除外扱いして処理を行うことは無理ですし、破産申請に適用されるように債務自体が帳消しになるのでもありません。さらに、他の解決方法と比べると手続きが複雑で負担もかかりますので、住宅のためのローンを持っていて住居を手放せない場合などを除き破産宣告のようなそれ以外の整理ができない時だけの最後に考える手段としておいた方がいいでしょう。